2013年

11月

29日

公演に来られない方へ『パンフレット全文』

~ごあいさつ~

このたびは、劇団ザ・シャカリキ最終公演『サアクル』にご来場頂きありがと

うございます。今年で劇団創立から18年を迎えました。何事も続けるという

事は大切でしょう。しかし、振り返ればこれまでずっと優れたメンバーに恵ま

れながら結局なにも形に出来なかった自分のふがいなさが悔やまれてなりませ

ん。そこにあって今回急遽解散となりました。なぜ活動を再開した今なのか。

まず大きいのは、代表である私が来年より大殺界に入るためです。ただの大殺

界ではありません。天王星人かつ霊合星人の私は、そこにさらに中殺界がかぶ

るのです。盆と正月がいっぺんに来るみたいなやつの正反対の状態です。ちな

みに市川海老蔵さんもおんなじ星人で同い年です。(←どうでもいいw)

つまりは、来年は何をやっても無駄無駄のダメダメなんです。人と話せばトラ

ブル。出かけてはトラブル。良かれと思って行動すればまたトラブル。そんな

年なんです。そんな事がもうわかっちゃって超脱力なので、やっておきたい事

は今年のうちにやらなければというのが芝居であり劇団としての活動でした。

とはいえ、3年ものブランクがある中どれだけのメンバーが参加できるのだろ

うという不安が。案の定、知らない間にみんな大人になっていました。それど

ころか、私自身気づけばもうすぐ2児の父です。これもう続けるの無理なんじ

ゃない?そうじゃない?そんな声が頭の中に聞こえてきました。だけど、芝居

と距離を置いていた時間により演劇というものが好きになっていたのです。

なにをやっても続かなかった私が唯一続けてこられた演劇。そして、それを与

えてくれた劇団。でも、気づけば演劇をするという機能を失っていました。

だからこそ今回の作品が必要でした。過去との対話、そして未来への展望。

種をつけ枯れていく花のように、新しい希望と挑戦への区切りとなる為に。

つまり再生に至る為の停止として選んだ選択肢が劇団の解散でした。

そんな最初にして最後のザ・シャカリキの会話劇。どうぞお楽しみ下さいませ。

劇団ザ・シャカリキ代表:大和田忍

『サアクル』作:大和田忍

~あらすじ~

少子高齢化がすすみ、いよいよ深刻化した近い将来の話。老人たちはいつもの

ように集い、川柳を楽しんでいた。そんなある日、高齢化を一気に解決するあ

る研究が実を結ぶ。それは、ARO(アロー)すなわちエイジング・リカバリー・

オペレーションと呼ばれる若返りの技術の確立だった。はたして若返る事は高

齢化の解決となり人々は救われるのか?期待と不安が老人たちを包んでいく。

ザ・シャカリキ3年ぶりにして最後の公演は、線香のようにはかなく消えゆく

物語。

「物語を構成する4つのサークル」

1、 寄り合いすなわちサークル

2、 ¥つまり円すなわちサークル

3、 縁転じて円すなわちサークル

4、 そして最後の一つのサアクル

<キャスト>

中山重仁(通称しげ) :大和田忍

村瀬春夫(通称はる) :小田部壮太

池田くみ江(通称くみ) :松岡純希

多嶋綾(通称あや) :酒向ゆか

本居(もとい) :小崎康史(THE SLAPSTICK SHOW)

<スタッフ>

作・演出:大和田忍

制作:大和田忍

舞台監督:山内一

照明:山内一、清水哲郎

音響:大和田忍、鈴木裕也

主催:岐阜市民芸術祭実行委員会

協力:御浪町ホール、ナンジャーレ

特別感謝:参加スタッフの皆さん、かつて団員だったみんな、岐南工業

0 コメント

2013年

11月

27日

小屋入り!

いよいよ小屋入り初日です!

とはいえ、全員がバリバリの社会人。

 

夜勤や当番の人のみが昼頃から夕方にかけての数時間の小屋入りです。

もちろん僕も行けてません。

でも気持ちはすでに御浪町ホールへ!!

 

あーどうなるんだろう。

 

0 コメント

2013年

11月

11日

全員集合!

これが現在のシャカリキ役者勢だ!

久しぶりにみなさまの前にたつシャカリキの役者勢です。

一人違う人もいますが!

みなブランクがあるにも関わらず、あいかわらずの感のよさで

練習に取り組んでくれいています。

メンバーの気持ちに応えられるような後味のいいお芝居にしたいです。

0 コメント

2013年

11月

09日

練習日誌その1

脚本ってなんすか!なんなんすか!

どうも。

劇団ザ・シャカリキのオオワダです。

オフィシャルホームページを更新する術がないのでこんな形での特設サイトとなりました。

どうぞよろしくお願いします。

さて、いよいよ来月あたまに公演ですが、脚本をかく事自体が久しぶり過ぎて、

頭も手も動きませんでした。

ここ数年、吸収と充電をしてましたが過充電による激太りをしただけだったようです。

さてさて、しんみりがんばるぞ!

0 コメント